スピリチュアル護身術その② 『音祓い』


スピリチュアル護身術その② 『音祓い』

ご自身で霊的な身を護り
そして、大切な人をも護ってゆけるようにとの願いを込めて。
音祓いを使った魔除け(除霊)方法をお伝えいたします。

【スピリチュアル護身術その②『音祓い』】

清らかで高音には『邪気・邪念を祓い浄化する』チカラがございます。

御守りなどにも、鈴が付いているのをよく見かけますね。

神社や御寺などでは、御祈りの前に鈴を鳴らします。

音を鳴らすことで、水面に波紋が拡がるように、
空気中にも波紋が拡がり、どんどん浄められてゆくのを感じます。

土地や場所に停滞してしまっている『念を祓い→場の浄化→清らかになる』

念が消え、土地や場所が清らかで心地の良い空間へと変わってゆきますよ。

音が出るものを何も持っていない場合は、柏手を打つと良いです。

パンパンパンと両手の平を使って音を出してみてくださいね。

鈍い音から徐々に高音に変わってくるのを感じ取れたら『場』が浄められた証拠です。

心と身体も軽くなっていることにもお気づきになるでしょう。

清らかで高音の音には『人の念』『霊の念』の『邪気・邪念を祓い清める』効果もあります。

念を持ってうごめいている御霊。
停滞している人の念。
放たれた人の念。

ドアなどにもチャームを取付けておくと、気づかないうちに外から持ってきてしまった霊や念を祓ってくれますよ。

供養の祈りを捧げにいく際には、私が大勢の御霊様の元へと訪れることもございます。

御霊の方が体内を突き抜けていかないよう。体内に御霊の方が入り込まないよう。

音を鳴らし音祓いをしながら移動します。

目的の場所までの道を開けていただく手段の一つとして、鈴の御守りを用いております。

琉球スピリチュアルガイドでは聖地ガイド中や霊視カウンセリングで解説を交えながら、
スピリチュアル護身術や御守り作りもいたしております。

琉球スピリチュアルガイド
おつなぎ役  我那覇れな

Categories